北大路魯山人 備前火変徳利

北大路魯山人 備前火変徳利  共箱

高さ 11.1㎝  胴径 7.1㎝

「火変」は窯変のことです
魯山人の備前徳利は、備前土と信楽土を混ぜた土で星ケ岡窯で作られた大振りな作品が多いのですが
この徳利は備前土だけで作られています
土の感じから金重陶陽の窯に行った時に作った作品の1つだと思います。
変化に富んだ魅力的な徳利です