岡部嶺男 絵志野徳利

岡部嶺男 絵志野徳利  共箱

高さ 19.4㎝  胴径 10.4㎝

嶺男は青磁を中心に作陶する前の土物を焼いていた最後の昭和40年頃
かなり大振りな徳利を作っていますが
これもその時期の作品です
いわゆる「お預け徳利」のような大きさで一輪差としても使えると思います