鹿児島寿蔵 白磁呉須書杯

鹿児島寿蔵 白磁呉須書杯 夏一首  共箱

高さ 2.5㎝  口径 9.1㎝

鹿児島寿蔵(1898~1982)は紙塑人形で人間国宝となった人形作家として知られていますが

アララギ派の歌人でもあり短歌集や短歌雑誌を刊行しています

この杯は「新むねの 夏あけ放つ 見とほしに 母屋の夜半の 孤灯冴えたり」と書かれています

価格 ¥85,000(税込、送料別)