加藤唐九郎 秋田瀬戸盃

加藤唐九郎 秋田瀬戸盃  共箱 東美鑑定委員会鑑定書付

高さ 4.0㎝ 口径 6.3㎝

唐九郎が秋田に赴いた際に作った盃で類品がいくつか存在します。

箱裏には秋田の陶芸研究家、小野正人が謂れを書いています。

前の記事

富本憲吉 色絵帯留

次の記事

八木一夫 対盃